陸ステ型かっこ文

提供: ryopedia
陸ステ型片かっこ文から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

陸ステ型かっこ文とは、りすぷ病患者がよく使うチャット等の記法である。(は?)

陸ステ型かっこ文

まずは例文を見てみよう。

今夜はりすぷ食堂でデートをした。彼女と手を繋いだが、爆発してしまった()

この文章の特徴は、文の最後に()があることである。

主に(笑)の省略として使われるが、この()を使用した文を、陸ステ型かっこ文と呼ぶ。

また、()の中に入る文字は無限であるが、確証のないことを示す「?」やわけのわからないことを言った後の「は」,「え」などがよく使われる。

括弧に入る文字は一文字とは限らない。「は帰れ」なども使われる。

特に後者は、りすぷ病患者でない人にとって、セルフツッコミというなんともシュールな文章に見えるので注意したい。

陸ステ型片かっこ文

こちらも例文を見ていこう。

次の朝、目覚ましで起きたのだがそこにはりくちゃんがいたのだ(((

この文章の特徴は、文の最後に((( が使われていることだ。

この形式の文章を、陸ステ型片かっこ文という。

使い方や意味は陸ステ型かっこ文とほとんど変わらないが、こちらは強調する場合に使われる事が多い。